仏壇を清水でつくるメリットとデメリット

家族が亡くなった場合、葬儀を行い、骨は四十九日にお墓に納骨するのが慣習となっています。そして自宅には仏壇を置くことも、昔からの慣習となっています。位牌とともに亡くなった家族をおまつりし、対話するためのものといえるでしょう。自宅に置くものは、寺院にあるものを小型化し、厨子と一体化させて箱形にしたものです。そのため家の中のお寺といった存在になるでしょう。特に家族が亡くなって時間が経過していないうちは、気持ちも不安定になりやすく、手を合わせることで気持ちを落ち着かせることができるという人もいるでしょう。供養のために購入したいと言う場合には、まずは置く場所をよく考えてから購入する必要があるでしょう。それでは清水で仏壇を自宅につくるメリットはどのようなことがあげられるのでしょうか。またデメリットはあるのでしょうか。

自宅を訪れた人に対応しやすいです

清水で仏壇を自宅につくるメリットとしては、まずひとつめに線香をあげに自宅に訪れてくれる人たちに対して対応しやすいということがあげられます。一通りの葬儀を済ませた後で、葬儀に参列できなかった人や、後から訃報を知った人が自宅に訪れることもあるでしょう。そのような場合に、線香をあげる場所がなければ、対応に困ってしまいます。線香をあげるための場所が用意してあれば、対応に困ることはないでしょう。もしも自宅に置かないというのであれば、祭壇を残しておくという方法もあります。一般的には四十九日の法要までは、自宅に祭壇を設置して遺骨を安置しておきます。納骨後には片付けるのが一般的ですが、一周忌まで祭壇を置いておくというケースもみられます。また位牌や線香立て、ろうそく立てなどを置く簡易的なものもあるので、利用するのもよいでしょう。

デメリットにはどのようなことがあるのか

清水で仏壇を自宅につくるデメリットとして、金銭的なことがあげられます。どんなに安いものであっても10万円以上、高額なものになると100万円以上の値段で販売されています。また設置後には開眼供養をする必要もあるでしょう。本体にかかる費用だけでなく、それを行うためにもお金がかかることになります。そしてスペースにも問題があるといえるでしょう。それなりにサイズが大きいものであり、宗派によっては拝む向きやルールなどが存在することもあります。小さいものを選んでも場所をとることになるでしょう。近年の住宅事情から大きいものや派手なものは好まれなくなってきています。大きいものはあまり売れず、非常に小さいサイズが中心です。シンプルであっても木材にこだわったものを選ぶと、やはりそれなりの費用がかかることになるでしょう。