清水の仏壇の種類について調べました

静岡は、静岡仏壇と呼ばれる黒檀や紫檀などの銘木を用いて製造される、伝統的な唐木タイプの二大産地の一つとして知られています。清水区においても、他県エリアに比べて質の良い製品をリーズナブル価格で購入しやすい地と言えます。唐木タイプの生産地とは言え、清水区を含む静岡エリア全域においても、従来の重厚な造りの製品よりも、コンパクトでモダンなデザインの家具調仏壇が選ばれやすくなってきました。従来タイプ以外の製品も含めて選びたい場合は、まずどんなタイプがあるのか知ることから始めると希望に叶う仏壇を見つけやすくなります。今はネットの比較サイトで近隣にある店舗の場所や品ぞろえ、お得なセール情報なども把握できるようになっています。まず希望のタイプの製品が多くありそうな店舗をいくつかに絞っておくと、多くの製品の中から選びやすくなってきます。

住宅事情やインテリアの変化で選ばれる家具調タイプ

清水に限らず、少子化などによって従来の重厚な造りのタイプは、やや敬遠されるようになってきました。コンパクトで洋風のインテリアにも合う製品が人気となっています。もちろん静岡ならではの唐木タイプや、金箔などを施した豪華な漆塗りタイプも、伝統美を愛する人々に選ばれています。インテリア性の高いモダンなデザインの家具調タイプは、マンションなどの洋風リビングにも調和する雰囲気で、近年とくに人気を高めています。かつて大抵の家にあった仏間が急速に姿を消し、代わりにリビングや居間に、違和感なく仏壇が置かれるようになってきました。日常生活に調和するたたずまいの家具調タイプを置くことによって、故人やご先祖様を、より近しく感じられるようになってきているとも言えます。

店舗によって違う製品の得意分野

豪華な金箔の漆塗りタイプに比べ、静岡名産の唐木タイプは、やや一般向けという位置づけで親しまれてきました。上置タイプやダルマ型など従来から好まれている形式の製品など、今やクラシカルなタイプのほうが良い場合は、製造会社の直販店舗での購入が向いていると言えます。清水区には、およそ12の専門店があります。各店舗それぞれに特色があり、伝統色の強い昔ながらのタイプが多いところもあれば、最近人気の家具調タイプの品ぞろえが良いところもあります。各店、得意とする取り扱い製品が微妙に違っていますので、比較サイトや口コミなどを参考にして自分の希望に合うタイプが多い店舗に絞り込んでいくと良いでしょう。一通り候補の店舗が見つかったところで、ショールームで実物を見て確かめることが大事です。