清水の仏壇の探し方をお教えます

仏壇は亡くなった家族、親族や先祖の御霊を弔う上では欠かせないものといえます。その意味ではもっと身近であってもよいものですが、実際に購入する機会はそれほど頻繁にあるわけではなく、その選び方にとまどうことも多いことでしょう。もしも家族や親族が亡くなったことがきっかけであれば、やはり四十九日の法要の前あたりが、購入のタイミングとしては望まれるところであるといえます。清水にも仏具店などの関連する店舗はいろいろとありますが、基本的にはこうしたところの店頭のスタッフの意見、あるいは菩提寺の意見を聞いて購入することが望ましく、まちがいがない選択であるといえます。その上で、価格や宗派といった点を考慮して、ふさわしいものを選ぶというのが、適切な選び方ということになります。

宗派の違いを考慮して選ぶことがたいせつ

仏壇を選ぶにあたって、まず考えなければならないことは、先祖代々の宗派がどのような本尊をおまつりするものであるかということです。ときには完全に無宗教という家庭もないわけではありませんが、たいていの場合、その家系に固有の宗派というものがあり、先祖代々の供養を行っている菩提寺があるものです。すでに故郷を遠く離れて生活をしており、特に決まった菩提寺がないという場合は、葬儀を執り行った寺院、あるいは宗派が同じ近隣の寺院に相談をするという手段もあります。清水の場合には、傾向的には禅宗のひとつである曹洞宗などが多い地域にあたります。この場合は特に様式に決まりはないものの、金箔をほどこしたタイプのものより、唐木などの落ち着いたタイプが好まれるといえますので、選ぶ上での参考となるはずです。

予算と置き場所も重要なポイント

清水という地域性や宗派による選び方の傾向性が把握できれば、今度は予算や家庭のなかでの置き場所からの絞り込みになります。仏壇というものは、かなり高額なものではありますが、特にその大きさと材質、加工のしかたなどによって、価格帯が違ってくるものです。室内が狭く、人の背丈ほどもある大きなものは難しいということであれば、やはり上置きタイプとよばれる、タンスなどの家具の上に据えられるような小型のものがベストといえます。この場合、価格帯もかなり手頃となってきます。そのほか、地元の職人の手作業による部分が多いものか、機械による加工が多いものかという要素によって、価格の上下がみられます。また、唐木タイプのものであっても、その材質として紫檀、オーク材、桑、ケヤキなどのバラエティがあり、これも価格に影響します。

関東型のお仏壇は、下地をつくりをすることで、厚く塗り直しより強度も高めました。 お客さまのそれぞれのお気持ちを汲んだ、最適な仏壇・仏具をご提案いたします。 お墓のご購入でお困りの方は豊富な施工実績のあるやまきへご相談ください。 仏具小物と具足は可愛らしいものや便利なグッズなど、幅広く取り揃えております。 やまきは、大切な想いをカタチにして社会との絆をしっかり築いていきます。 仏壇を清水で購入するならこちら